入学手続きについて  (english below) 

 
ハーバード大学学部への願書提出

このたびは、ハーバード大学学部入学に関心を持ってくださってありがとうございます。

初めにお断りさせていただきますが、日本ハーバード・クラブは、受験手続きの窓口ではなく、基本的な情報提供を行う以外、一切関与しておりません。このため、願書提出につきましては皆様方が各自で行っていただくことになります。この点を、まず、ご理解ください。願書の手続きが始まり、日本からの志願者がいると、ハーバード大学のアドミッション・オフィス(admissions office=入学センター)から、その名前が日本ハーバード・クラブにあるセカンダリー・スクール・コミティー(Secondary Schools Committee)に送られてきます。
 

ここで、このコミティー所属の学部卒業生による入学志願者の面接を行わせていただいております。その結果は合否判断の一部になりますが、この面接で全てが決定されるのではありません。当クラブは、この面接以外、志願者との関係を持たず、また、面接の報告が終わった時点で、願書の手続きへの関与がなくなります。
 

入学志願者の皆さんが、インターネットなどの情報をもとに、ハーバード大学の学部が皆さんのニーズにいかに応えられるものであるか、時間をかけて、具体的にご理解していただくことをお奨めします。以下のサイトにおける情報は、大学学部の公式情報ですが、ここに記載された情報については、特に願書提出スケジュールに関して、直接ご確認くださるようにお願いいたします。最初のサイトは、特に留学生を対象にした内容となっております。

https://college.harvard.edu/admissions

International applicants

Application requirements 

International applicants and requirements 日本語
 

 

願書提出にあたっては、じっくりと検討していただくことが大切です。例えば、奨学金などの学資援助ですが、ハーバード大学学部の全ての合否は、留学生についても、米国市民同様に学資援助の必要・不必要に関わらず決定されていると留意してください。

つまり、ハーバード大学のアドミッション・コミティー(入学を協議する委員会)は、学資援助などの必要の有無や学資援助の額の大きさに関わらず、最も優れた学生を入学させることを目的にしています。ハーバード大学では、合格した米国市民でない学生全員のニーズに応えております。学資援助については、以下のサイトをご覧下さい。

Applying for aid International Students

Applying Aid - International Students 日本語
 

 

ハーバード大学の学部は自分にとってふさわしいのか?​

海外の入学志願者の皆さんは、ハーバード大学について名前は知っていらっしゃるかもしれませんが、どのような大学かご存知ないかもしれません。多くの入学志願者の方は、当校の受験手続き、選考手続き、合否基準をほとんどご存知ないか、誤解されていらっしゃるようです。また、ハーバード大学での学業、すなわち、アメリカでのリベラルアーツ(一般教養科目)教育全般について、あまり理解されていない場合もあるかもしれません。ハーバード大学についての情報はたくさんございますので、以下のサイトをご覧になることをお奨めいたします。

Harvard College                                 https://college.harvard.edu/

About Harvard                                    https://college.harvard.edu/about

Academics (Learning at Harvard)     https://college.harvard.edu/academics

Fields of Concentrations                    https://college.harvard.edu/academics/fields-study/concentrations

Financial Aid                                       https://college.harvard.edu/financial-aid

Student and Residential Life              https://college.harvard.edu/student-residentiallife
 

願書(アプリケーション)がどのように考慮されるか?

志願者の多くは、各自教育を受け、最高学府への入学に必要となる各国の卒業試験などで、優秀な成績を収められていると思います。しかし、ハーバード大学の受験では、試験の成績以外の選考要素も加味されることをご承知ください。例えば、以下の要素が合否判断となります。

抜きん出た知的能力

学級内の成績順位

通常とは異なった豊かな個性

抜きん出たリーダーシップ

文学、音楽、芸術などにおける独創性

高い運動能力

リベラルな教育を受けるために必要な精神的成熟度と動機の強さ

Application: What we look for

Application: What we look for 日本語
 

 

ハーバード大学は、地理的、民族的、経済的に異なった学生をできる限り集めたいと考えておりますが、志願者はそれぞれ個別に判断されます。つまり、いわゆるクウォータ制度(人種などによる割当制度)はありません。日本からの志願者は、世界の他地域からの志願者に比べて、有利でも不利でもありません。
 

 

College Board (米国の大学入学試験委員会)またはACTスコア

SAT I およびSAT IIのサブジェクトテストで、650点から800点の得点を有する志願者の合格率は高まります。入学志願者の方は、具体的な試験要件に関し、ハーバード大学のアドミッションの公式サイトまたは公式情報を必ず確認してください。

https://college.harvard.edu/admissions/application-process/application-requirements
 

 

英語力

ハーバード大学で好成績を出すためには高い英語力が求められます。

留学生は、講義や授業中の議論で使われる、早口で慣用的な英語を理解できなければなりません。各自が英語による口頭表現および文書で迅速かつ明確に自分の考えを表現しなければならず、また、英語の速読力も必要とされます。ハーバードでの学問の質と量に対応するには、高度な英語力が不可欠であり、入学前に各自がそのレベルの英語力を獲得していなければなりません。英語を母国語としない学生は、英語力を証明しなければなりません。英語でSAT II の3つのサブジェクトテストの1つを、(英語による)ライティングテスト(Writing Test)で受験なさることをお奨めします。
 

 

TOEFL

ハーバード大学では入学志願者にTOEFLの結果を要求いたしません。しかしながら、TOEFLコンピューター試験の250点は、従来の紙面試験における600点に相当し、この得点ないしそれ以上のものは、通常、十分な英語力を示していると言えます。

TOEFL以外の英語力を示す試験も可能です。また、願書に英文の見本文書(志願者自身による論文やエッセーなど)を同封していただければ、それも英語力判断の対象となりえます。
 

ご拝読ありがとうございます。簡略ではございますが、ハーバード大学学部について皆さんのご理解の端緒となればと存じております。
 

デイビッド・ギフォード

セカンダリー・スクール・コミティー

日本ハーバード・クラブ
 

 

Undergraduate Admissions Information

Applying to Harvard College
 

 

Thank you for your interest in Harvard College. We are pleased to provide some links to help you. The Harvard Club of Japan, however, has no direct involvement in the application process beyond this preliminary information so that people interested in applying can understand and research on their own. The HCJ Secondary Schools Committee also arranges interviews for prospective candidates with alumni after we receive from the admissions office the names of those who have begun the admissions process.
 

We encourage and invite applicants to take the time to investigate thoroughly resources on the web in specific to understand how Harvard’s offering may match to their needs. The following resources represent the Colleges official information sources, and should be checked directly, regardless of the information provided here, especially regarding the application schedule. The first link contains information particularly targeted to applicants from abroad:

https://college.harvard.edu/admissions/application-process/international-applicants

https://college.harvard.edu/admissions/application-process/application-requirements

https://college.harvard.edu/admissions
 

It is important to research carefully. For example regarding Financial Aid, the first and most important point is that all of Harvard’s admissions decisions are made on a need-blind basis, even for international applicants. That means that the Harvard admissions committee will admit the best candidate regardless of whether or not he or she is an aid applicant and regardless of the amount of aid the student needs to attend. Harvard will also meet the full need of all admitted students, including non-U.S. citizens. For financial information please check:

https://college.harvard.edu/financial-aid/applying-aid/international-students
 

Is Harvard right for you?

Applicants abroad will have heard of Harvard, but they may not have any idea of what Harvard is really like. Many will have little (or incorrect) knowledge about the application procedure, the selection process or the standards for admissions; an even greater number may not understand Harvard’s programs of study or about a liberal arts education in the U.S. Once again as there is so much information available to learn about Harvard, we thoroughly encourage you to visit the following sites:

 

Harvard College                                 https://college.harvard.edu/

About Harvard                                    https://college.harvard.edu/about

Academics (Learning at Harvard)     https://college.harvard.edu/academics

Fields of Concentrations                    https://college.harvard.edu/academics/fields-study/concentrations

Financial Aid                                       https://college.harvard.edu/financial-aid

Student and Residential Life              https://college.harvard.edu/student-residentiallife
 

What We look for

good number of international students come from an educational system where producing excellent results on the national leaving exams is sufficient for entry into the best colleges. They may not understand that in Harvard's selection process other factors, such as those listed below, are just as important as their excellent tested results.

-  Outstanding intellectual ability.

-  Rank in Class.

-  Unusual attractiveness of personality.

-  Outstanding capacity for leadership.

-  Creative ability in literature, music, or the arts.

-  Athletic ability.

-  Geographic, ethnic and economic distribution

-  Maturity and strength of motivation for a liberal education.

    A good Guide is at: What We look For  https://college.harvard.edu/admissions/application-process/what-we-look 
 

College Board or ACT Scores

Most successful candidates achieve SAT I and SAT II: Subject Tests scores in the range of 650 to 800. It is the candidate’s responsibility to refer to the official Harvard admissions websites or information to find out about specific test requirements.

https://college.harvard.edu/admissions/application-process/application-requirements
 

English proficiency

A strong knowledge of the English language is essential for successful study at Harvard. A student from abroad must be able to understand the rapid, idiomatic English used in lectures and class discussions. Each student must have the ability to express thoughts quickly and clearly in both spoken and written English and must be able to read the language with ease. The quantity and quality of academic work required at Harvard cannot be accomplished without such mastery of the English language, and this mastery must be achieved before the student enrolls. Students whose native language is not English should document their level of English proficiency. They should take the Writing Test (in English) as one of their three SAT II: Subject Tests, if at all possible.
 

TOEFL

Because changes in the administration of the TOEFL have made the test more expensive and less accessible, Harvard does not require TOEFL results from our candidates. The computer-based TOEFL is scored on a scale of 40-300. A score of 250 on the computer-based test is approximately the equivalent of a 600 on the scale used on the paper-based test. TOEFL scores at or above this level usually indicate sufficient English ability.

Harvard would also like to see the results of any other English language proficiency testing that candidates have available. Writing samples included in the application will also be considered important.
 

Thank you once again. We hope this preliminary information can be of benefit to your desire to find out more about Harvard College.
 

 

David Gifford,

Secondary Schools Committee

Harvard Club of Japan